患者への医者のアドバイス

ピックアップ

長い歴史がある
カルテを持つ医師と患者

インプラントは1970年代前後に治療法が確立したが、実は長い歴史がある。歯の代わりに貝殻を使うなどの初期の歴史から、歯ぐきに定着する素材を見つけ出し、骨移植で土台を補強する最新医療まで、確立するまでに長い年月を要した。

噛む喜び
医療器具

自分の歯で噛むことは、食生活にも大きく影響をもたらす。80歳までに20本の歯を残すことができれば、人間は健康に過ごせる。そのためにインプラントと骨移植の技術が考えだされた。

施術過程
二人でレントゲンを見ている

噛む喜びをふたたび味わうためには、自分の腔内が、インプラントの治療に適しているかを調べる必要がある。場合によっては骨移植をする必要が出てくるので、まずは検査をし、治療のプランを立てる。

費用について
医師に訴える患者

歯科治療には自由診療と健康保険が適用される診療が混在している。インプラントや骨移植は大きな手術となるが、健康保険が適用されることもあるので、事前に調べておくと費用面でのメリットを享受できる。

自分の歯で噛む

糸ブラシ

人間の歯は二回しか生えてこない。
一度は乳児から幼児になる間、二回目は7~10歳の間である。
この短い間にしか、自分の歯を守るチャンスは無く、永久歯が生え、これが失われると、もう二度と歯を取り戻すことができなくなってしまう。
歯は歯ぐきの中に埋め込まれ、これがあることでどんなに硬いものも噛み切ることができるのである。
もし歯がなければ、生物全体の生態が変化してしまう。
人間は文明を発達させているため、歯が失くなってしまったとしても行きていけるが、歯がない人は現代社会においても何かと不便を強いられる。
入れ歯を使えば見た目で歯が無いことを隠すことができるが、ブリッジを使って入れ歯は支えられているので、思い切りその部分で噛むことはできない。

歯科の技術が向上したおかげで、人間の歯に近い素材で義歯を作ることができるようになった。
また、骨移植やインプラントを使えば、自分の歯を取り戻すことも可能になるのである。
見た目にはまったく自分の歯であるインプラントは、審美的にも違和感がないと評判が高い技術である。
人体に定着しやすいチタンという金属を歯根代わりにしていることで、まるで自分の歯のように物を噛むことができるのである。
この技術をより発展させるために、歯ぐきに土台が足りず、今までインプラント治療を受けることができなかった人でも、骨移植も開発された。
この骨移植により、今までインプラント治療を行なう事ができなかった人も、義歯を埋め込むことが可能になった。