患者への医者のアドバイス

長い歴史がある

糸ブラシ

インプラントというものをご存知でしょうか。
広義には心臓ペースメーカーなどの、体内に植え込む医療機器全般のことを指しますが、現在では顎骨に埋め込んだ人工歯根と、その上に被せる義歯まで含めてインプラントというのが一般的になってきています。
入れ歯や差し歯とは違い、前述の通り顎骨に人工歯根を直接「植え込む」ため、ふとした拍子に外れるということがありません。
自分の歯と同じようにしっかりとかむことができます。
見た目も普通の歯とほとんど変わりがなく、いちいち外す必要も、漬け置き洗いをする必要もありませんから自然に使い続けることが可能です。
何かの原因で歯を失ってしまった時、インプラントは我々の新しい歯となってくれる存在と言えます。

さて、インプラントには実はいくつか種類があります。
基本的にはチタンが使われるのですが、これは現在医療用グレードのチタンが唯一厚生労働省からの認可を受けているからです。
チタンは基本的に金属アレルギーが出にくく、強度があり、磁性が弱いためMRIを受ける際にも影響が出にくいなどの利点があります。
しかしそんなチタンでも、絶対に金属アレルギーが出ないわけではありません。
そんな人のために、ジルコニアセラミックを使った人工歯根を使ってくれる歯科医院もあります。
ジルコニアセラミックは金属ではないので、もちろん金属アレルギーは発生しませんし、骨への癒着率も高く、強度もチタンと同等と言われています。
もしインプラントを検討されている方がいたら、値段だけでなく、インプラントの材質などにも着目してみてはいかがでしょうか。