患者への医者のアドバイス

施術過程

糸ブラシ

近年急速に普及している「インプラント」とは、どの様な治療方法なのでしょうか。
「インプラント」治療は、従来の手術方法と全く異なるため、革命的な治療方法とも呼ばれることがあります。
「入れ歯」や「ブリッジ」等と違い、人口の歯根を顎の骨に植え込みます。
そして一定期間の後、人工歯冠を被せます。
入れ歯等は、残っている歯や金属のバネ等で支えて、人工の歯を置いているだけです。
つまり、歯根は失われたままなのです。
そのため、必要になる土台がないために違和感があり、安定性に欠けます。
一方、インプラント治療は、骨結合が良い「チタン製」の素材の人工歯根を植え込み、自然な歯のような構造を作り出すのです。
口中も広くなり、話しにくくなることもありません。
しっかりと固定されており、硬い食べ物でも噛み砕ける咀嚼を取り戻すことが出来るのです。

「インプラント」治療後、通常のメインテナンスを忘れずに行うことが大切です。通常の歯磨きはもちろん、デンタルフロス等を用い、普段より丁寧にブラッシングすることが重要です。
インプラント治療を行っても、口中衛生が悪ければ「歯槽膿漏」になる危険性があります。しっかりと歯垢を落とすことが必要です。
更に、定期検診は忘れずに受診しましょう。手術後は、1年に2回程必要になります。
初期の段階は、何らかの異常が現れた場合でも迅速に対処できます。人工歯は、必要に応じて取り外すことが可能です。
新たに作り直し、再度人工歯を取り付けることもできます。定期的に検診を受け、歯の状態を医師に診察してもらいましょう。
歯への意識が高まる今日、歯科治療は発展を続けています。「インプラント」治療も例外ではありません。
更に進化を続け、より多くの方が選択する治療方法になるでしょう。